手すりの取付

地中梁の配筋

手すりの価格は様々です。大きさ、形、どの場所で使うのかによって価格も変動します。安価なものでは、数千円、高くなると数万円です。安価なものというのは、小さくて短く、私たちがいつも階段で目にする長い手すりではありません。ちょっとしたところで使うものです。反対に値段が高い手すりというのは、私たちがよく目にする長いものになります。一般的に知られているのは長い手すりで、売り上げもそちらの方が良いです。しかし新しく家を建てて、ちょっとしたところに付け足したいと思ったら、小さいものを購入することができます。また、木製や鉄製によっても価格は異なります。素材や大きさによってバリエーション豊富になっており、値段も幅広くなっています。

手すりの第一目的というのは、安全に生活するためです。昔の家は、階段が現在よりも非常に急で、お年寄りはもちろんのこと、子どもにとっても危険でした。壁にたよって登り降りすることも可能ですが、一つ間違えてしまえば危ないです。そこで手すりを設置して、みんなが登り降りしやすいようにしたのです。その画期的な考えは、現在にも引き継がれており、家の中だけでなく屋外でも使用されるようになりました。バリアフリーの一環として設置されることも増えて、なくてはならない存在となっています。みんながより過ごしやすい環境を作るために、手すりは必要不可欠です。これからも必要性が高まり、みんなの安全を支えるために活躍していくことでしょう。